形式・文字数一切不問!文章のみで唸らせろ!第一回千万遍石垣かつおコンテスト開催中!!

がけのさやこ音楽日記「どんなに反対されても」

がけのさやこ音楽日記「どんなに反対されても」
書いたひと: COLOR pencils

 

2021.2.11

 

https://youtu.be/3mTXStw_lpY

 

あたし、やらなきゃ。

昨日、カネコアヤノちゃんのYoutubeにのってた伊豆スタジオでのライブ映像を見たの。その時、思った。

わたしもやらなくちゃって。

わたしもやらなくちゃって。

絶対に、絶対に。

 

あたしのお母さんは、あたしが音楽活動することについてあまり良く思ってないの。

それよりも、大学にいったのだから、そこでの知識をいかして、社会で働いてほしいと願っているの。

ずいぶんと、あたしにとっては、的外れな、狭い意見だと思うけれど、それで、あたし、本当に今日、反発しちゃった。

 

ふざけんな!って、人の人生に口だすな!って。

 

だって、絶対に就活しないと許さないっていうんだもの。そんな理不尽なことない。

あたしは、お母さんに感謝しているし、本当にお母さんのことだいすきだけれど、こんな風に今自分の心の中でのびている、芽を踏みにじるようなこと言われたら、どうしても、怒りがわいてきて、憎しみのこころ、傷ついたころろ、が、お母さんを同じように傷つけてしまう。

 

お金の話ってある。

あたしは、大学に、お母さんとお父さんのお金で行かせてもらっている。大学に入るための今までの塾のお金も、全部、もちろん投資してもらっているし、大学に行っているうちは、生活費も出してくれるという約束なの。

お母さんは、家庭的に小さい頃から、お金がないからこそした苦労がだくさんあるの。だからこそ、あたしに、小さい頃からできなかったこと、例えば塾に行かせたり、良い服をかってあげたり、そういうことをたくさんしてくれた。

あたしは、お母さんの想いなんて、たいして考えず、それをただもらってきただけだったから、それに対して感謝とか、幸せとか、感じたこと、あまりなかった。

小さい頃からだし、周りのともだちもお金に困っている人あまりいなかったから、買ってもらって、やってもらって、お金払ってもらって、当たり前だったの。

でも、その当たり前にも、ちゃんと見返りがあることを知ったのは大学に入ってからだった。

そう、いくら親だからと言って、全く見返りなく、お金を投資するわけないね。

娘にはこうしてほしい、こうなってほしい

そういう希望をたくして、あたしにお金を払ってきた。

 

でも、あたしは、今、その希望とは違う道を行こうとしている。

お母さんからしたら、今までのことはなんだったのか、許せない気もちよね。

あたしにもよくわかる。でも、お母さんだって、あたしを応援したくないわけじゃないの。

自分のこころの中に抱いてきた娘の理想と、現実の娘が進んでいく道の、その差を受け入れられずに、苦しんでいるの。それもわかる。

 

あたし、初めてだ。

こんなに、お母さんに反抗するの。

大学に来るまで、お母さんがろくに何も言えないくらい、普通の敷かれたレールの道を一直線に走ってきたから。

言葉っていうのは、本当に、こういう時になると、不毛な争いを引き起こしてしまうから、嫌になっちゃう。

あたしは、言葉では、もう、お母さんのこと安心させてあげられないし、言葉で何かを約束することはしたくない。

お母さんがあたしの望むこと。

それは、人の役にたてる人間になること。立派な人間になること。

で、あるならば、あたしは、あたしの道で、それをかなえて見せる。

その道をいくら、お母さんが否定しようが、それはお母さんの勝手だ。

音楽をかじっていたこともあって、お母さんは、あたしには、音楽の道は進めないとあきらめているの。無理だと思っているの。多分、それで傷ついてほしくないのね。

でも、あたしは、諦めない。

音楽の道、この道であたしは、立派な人間になりたい。

勉強も芸術も、すべては、別のところに存在するのではなく、

アタシ自身の魂、身体、心、そのすべてに、眠っているのだから。

どんな道を進もうが、アタシは、アタシ自身に向き合い続ける。

どんなに否定されようが、アタシは、アタシ自身の行きたい道を行く。

 

お母さんとの約束はこの身で示す。言葉ではなくて。

今は安心させてあげれなくても、必ず、娘が立派な人間になろうとしていると、わかってもらえる時は来るから。

 

だから、アタシ、絶対に、諦めない。

 

絶対に、諦めない!!!!!!!!!!!!!!!!

創作カテゴリの最新記事