がけのさやこ音楽日記「いいもの、一緒に作ろうよ!!」

がけのさやこ音楽日記「いいもの、一緒に作ろうよ!!」
書いたひと: COLOR pencils

2021.3.23

昨日、ともだちに会いました。

久しぶりにアルバムのこと話した。どんな曲入れたいのか、何から始めたいいのか。

 

「ねぇねぇ、そしたらさ、まず何からやったらいいの?」

 

そしたら、レコーディングの方法、多くの商業的なCDは、ちゃんとあとからエフェクトかけて、ボーカルの声綺麗にしていることとか、一つ一つ、楽器ごとに録音して、あとからくっつけてることとか教えてくれた。

 

「そうかぁ…」

 

それを聞きながら、あたしは、ちょっと、ふくざつだ。複雑ふくざつ。

知ってるの。そのともだちは、ちゃんと「見せる」ことにこだわっていて、ちゃんと、多くの人にも見せて恥ずかしくない、レベルの高い所に仕上げてくれる技術や、意志がある。

でも、どうかな、あたしは、それを聞いて、

エフェクトかけるなんて、なんだか、ほんものじゃなくていやだなぁ…

と思った、のは、まぁ、いつも通りなのだけれど、でもそれと同時に、

やりたい!やりたい!、言ってて、いつまでたってもやらないやつが、立派に何かをいうことに恥ずかしさを覚えた。

 

「やってないのに、いうなよ」

 

恥ずかしい、やっているなら、ちゃんと前に進もうとしているならばわかるけど、そうでもないのに、ただ、「これはやだ」「こうしたい」というのは、言われる側になった時、のイライラとかそういうの、わかるもの。ともだちは、他人だけれど、でもあたし自身でもある。

 

だから、そう。いつもの会話だったら、言ったかもしれない「えぇ…」。

でも言わなかった。「そうかぁ…」ってただ、やらなきゃなって思って返事した。

 

「アルバムづくりって大変なのは、曲作るところやと思うんやけど、もう曲はできてるんやし、できると思うんやけどな。」

 

家に帰る。どうしよう、しばらく頭の中で考えながら、想像、これからのこと、予定たててレコーディングして、CDつくって…そんなこと、想像しながら、眠りについて。朝。

今まで作ってきた曲を書きだす。

 

くちかず、半獣、トンビに、さくら、はと、ハムスター、it’s noto easy for ya、太陽が沈む前に、西の空を、I know、Breath Milk、自覚…そうだ、これもあった、a lot of choices…

 

書き出せば、20曲以上あって、それで、書くたびに、一曲一曲、つくったときの、あたしの想い、つらさ、かなしさ、怒り、よろこび、そういうものを思い出す。

 

…ぜんぶ、ぜんぶ、大切な曲だ。

 

そう思った時。あたしは、わかった。

ちゃんと、自主制作のCD作ろう。一曲一曲、できた時の生歌が、ちゃんと携帯の中に入ってる。外で歌ったやつ、叫びながら歌ったやつ、嘘のない、真正面からおもいを伝えた、歌たちが、携帯のボイスレコーダーに残ってる。

それでいい。わざわざ、とりなおさなくていい。その未熟で純粋な、うたを、おもいを、いのちを、丁寧に、ラッピングしよう。絵をかこう、一曲一曲。おもいをCDの中に。

値段だって、決めなくていい。路上で出会った人、大切な人に、贈ろう。手がきで、一枚いちまい、創ろう。

 

でも、それと同時に、ちゃんと、綺麗な作品も作ろう。お店に売れるような、レベルの高いもの。音もきれいで、ジャケットもきれいで、CDもキレイで、まるでプロが作ったやつ。

友達の意見をしっかりきいて、とりいれて、いれる曲もちゃんと考えて、ギター上手になるように努力もして、声もちゃんとなおして、それで、つくろう。

値段も決めて、ストリーミングで配信もして。

そう思ったら、急にわくわく、やる気になってきて、あたしはすぐにともだちにメールを送った。

 

 

「いいもの、一緒に作ろうよ!!!」

 

 

 

創作カテゴリの最新記事