New 清子マガジン1号

New 清子マガジン1号

 

 

おじーこ久しぶりー京都ついたよー

北野おばあちゃんにじつは清子マガジンなるものを送っていて

今回からはせっかくなのでジーコとばーこにも送ろうと思います。

気に入らなかったら清子に配信停止メールをください

あとばーこにも見せてあげてください。

 

 

ご無沙汰しております北野清子です。皆さんこんにちは!

あらためて振り返ってみると、清子マガジンを始めたのはもう4年前の話になりますね。あの時は高校に入学したての1年生で、発行部数でいうと1年に一回程度のなんとも精力的なマガジンだったのですけれども、

あまりにも精力的すぎて全然発信できなかったので今年度からは心機一転頑張っていきたいということと、今年から京都という新しい生活もはじまるということで、New清子マガジンと銘打ちましてまた1号から発刊していきたいと思います!!!

 

清子、心機一転のジャンプ図1

 

初回ということで今回は人生で初めて引っ越しをして思ったことと京都大学に行き初めてあったことを書こうと思います。

1にも2にもまずは創価学会の人はあったかくて入っててよかったなあということを改めて実感しました。やはり新しい地で一人暮らしするときに感じる寂しさは避けられないことだと思うのですが、その寂しさにひたるすきも与えず、すぐに地元の地区の方が家庭訪問に来てくださりました。始めてあったとは思えないほどやさしく親しみ深い方々で、また関西の発音で「おねがいします」と言われたりするのも、生まれてこの方三鷹でずっと育ってきた私にとってはじわーっと染み渡る温かさがありました。地元での会合は来週からなのでまた次号からいろんな方の紹介やそこでのエピソードを伝えていければと思います!

 

京都大学のほうもガイダンスや入学式が始まったのですが、待ち受けていたのはおぞましい勢いの新入生勧誘でした。

新入生が通らなければならないところには必ずビラロードができ(健康診断受けるために通らなければならない道や入学式会場の入り口までetc.)100枚を超える勢いのビラが一気に配られます。というか押し付けられます。家に帰ってみてビラを見てみると、サークルや部活の勧誘のビラにまじってファミマのバイト募集のチラシがあったり、サークルにより大学生活が狂ってしまうのを防ぐためのサークルなどわけのわからないものあったりしました。大学でほかの子を観察してみると、勧誘をたくさんされてなのか結構疲れてそうだったのですが、私の場合見ためから図々しさが隠れきれず、それが伝わってしまうのか、ビラ配りはされるものの声を掛けられるということがなく、本来ならば「もう勧誘やだぁぁ」となるところを「誰かこえかけて勧誘してくれないかなぁぁ・・・」と待っているさやちゃんなのでした。まあそれはさておき、私自身は勉強を中心に大学生活を送りたいと思ってるのでまだ入るサークルを決めてないけれど多分ギターサークルに入るんじゃないかなと思ってます!またこれも決まり次第伝えていくね!

 

また友人のほうも初めはできるか結構不安だったのですが、持ち前の好奇心を働かせ、気になる子や教授にどんどん話しかけていったらちゃんと友達ができました。(教授も友達にカウントしているとはだれにも言えやしない)多分京都大学だから変な人がたくさんいるかもしれないと思ってしまいがちだけれど、普通のほうのグループに所属している友人をあまり思い出すことのできない私にとって、結局変が普通なのです。だからあまり変な偏見を持つことなく、自分のほうの垣根を低くしていろんな人と大学生活で出会えたらいいなと思ってます!

家事のほうは今は時間があるからか思ったよりもうまくやれてて、オーストラリアでの経験が少なからず生きているのかなぁなんて思ったりしてます。だからこれから忙しくなった時にどれだけ家事をこなせるかが見ものになってきそうです!

 

さてさて

今回の清子マガジンはいかがだったでしょうか?久しぶりに書いたので面白いかわからないけれど、清子の新学期に対するわくわく感と冒険心と信心根本でいこう!感が読者の方に伝わっていれば幸いです!授業開始は来週からで本当の大学生活がいよいよ始まります。

次号はそんな最初の大学生活で起こったことなどを中心にかいていこうと思います!

では来月号でお会いしましょう!

 

 

 

P.S

 

おばーこ!!清子のことおぼえてる?!清子はもう大学生になったんだよ!!

この前もあそびにいってオバーこと一緒にお花埋めたんだよ!!

その時の写真をおくるね!!

 

近所の風景にて

おばーことお花埋めた写真にて 題名 二人の美しいお花