【京大生向】covid-19ワクチン接種ルポ

【京大生向】covid-19ワクチン接種ルポ

7月15日に「新型コロナウイルスワクチン大学拠点接種」が発表され、京都大学の全教員・学生が接種可能な状態になりました。24日を皮切りに、京大付属病院にて実施されるということで。

さっそく行ってきました。
記録としてここに残します。

[outline]

ワクチン前夜

KULASISに「お知らせ」された資料に則って。

まずはweb予約が必要です。
1回目の接種日程に応じて、2回目(およそ4週間後)の接種日時が自動的に決まっているようです。
(私の場合は7月24日に1回目、8月21日に2回目です。同日ともに同じ時刻。)

予約自体は情報を入れるだけなので比較的簡単。
続いて、必要書類の準備です。

・既往歴やアレルギーに関する予診票(印刷と記入)
・緊急連絡先(印刷と記入)
・自治体から接種券が届いている場合、持参
・学生証の用意

以上が必要装備。面倒だけど煩雑とまではいきません。
ご親切にチェックリストも用意されています。ここが一番の頑張りどころ。

準備ができたら、わくわくしながら当日を待つのみ。

当日の流れ@京大病院

15:00
病院外来に到着。待合ホールを埋め尽くすほど学生がいて、正直ちょっと驚く。入り口で学生証を確認された後、列に並んで予診表の確認などを受けました。

15:15
書類の確認が終了し、20人程度でグループに分けられました。いよいよ接種会場へ。

15:20
階を上がるよう指示され、20人がぞろぞろをエスカレータに乗ります。

それぞれ医師の問診を受けた後、接種。針を指している時以外、痛みは特にありませんでした。ちょびっと怖かったけど。

接種ののち15分間、別フロアで待機です。

15:40
グループ全員が15分しっかり休み、体調不良がないことを確かめて、解散。

どこに刺したかも分からないくらい、この時点での異変は全くありませんでした。

経過の記録

接種1回目の記録
当日16:00

特に変化なし。すこしダルい。

当日19:00
接種から3時間が経過し、少し痛みを感じます。接種は上腕三角筋に行うわけですが、「前にならえ」の格好をするとそこが痛む。
筋肉痛+刺すような痛み、みたいなやつです。
熱が出ている時のような倦怠感と頭がフラフラする感じもある。が、これが副作用なのか夏バテなのかは判別困難…

当日24:00
相変わらず微妙に痛い。米を研ぐ時、ドアノブをひねる時、歯磨きする時、軽くグーっと痛みを感じる。生活に支障はない。
体調の方が深刻で、ゾクゾクする寒気を伴う倦怠感。しんどいので寝る。

↑夜のうちに熱が出ました

翌日12:00
起床後は熱も引いており、体調も悪く無い。
接種部分の腫れ・痛みもあまり気になりません。
しかし腕を回せないので着替え
が鬼門。

翌日15:30
接種から24時間。患部を押したり、手や肩を大きく動かしたりする際はまだ少し痛みます。

2日目15:30
接種から丸二日。強く押さない限り、痛みは全く感じません。
これで記録は打ち切ります。

結果:
かなり体調を崩しました。当日の夕方から翌朝にかけてが辛い。
痛みは我慢できる程度ではあるけれど、24時間以内は動く気が起きません。

一人暮らしの人は、熱が出た場合・痛みがひどい場合に備えて、数日分の食事など準備しておくと心強いはず。私の場合、当日の夜は、もし同居人がいなかったらと思うと絶望的でした。

接種2回目の記録
当日17:30
接種から2時間が経過しましたが、痛み・熱・倦怠感、どれも感じられません。
前回よりも水分補給を意識して過ごしています。

当日22:00
腕の痛みを感じますが、日常生活に支障無し。
少し寒気がするので早めに就寝します。平熱。

翌日9:00
発熱、倦怠感、寒気。前回よりもしんどいまである。

翌日16:00
接種から24時間。熱は38度台をキープしています。
腕の痛みはほとんどありませんが、とにかく熱が辛い。

翌日23:00
夕飯後に飲んだ解熱剤が効いたのか、急激に元気になった。
これで記録は打ち切ります。

結果:
2度目の方が対策はしていました。食料の蓄えやスポーツドリンク、解熱剤など。
どういうことをやるのがしんどくて、どれくらいの間を耐えれば回復に向かうか、見通しがあった分、前回よりも気は楽だった。ただ実際の症状は今回のほうが酷かった気がします。

今回の接種、世間では異物混入の発覚による大規模なワクチン回収や、接種した男性が翌朝急死したという報道がありました。
怖さは募りつつ、「ワクチン打たずに重症化するリスク」と「ワクチン打って体に異常をきたすリスク」との鬩ぎ合いだよなぁと思う。このリスク判断の難しさやバイアスのかかり方については、もっと考えてみたいところではありますがまた別の話。

何にせよ無事に接種できて一安心です。

感想というか何というか

大量の学生が粛々と捌かれていく様が、もはや清々しくもありました。
運営がもっと手間取ったり、誘導の人が大声で叫んでいたり、あるいは無駄に待たされたりするのも止むなし、と覚悟していましたが、想像以上にシステマティック。ストレスなく終えることができました。
たぶんスタッフの皆さんがえらい。

病院敷地内は撮影禁止と明言されており、写真を載せられないのが残念です。

接種にあたって、自身のコロナ感染予防のため、というモチベーションはほとんどありません。集団免疫的な効果があるなら仕方ないか、京大内の接種カウンターを回してあげよう、くらいの気分。

自分個人にあまりメリットが無い中で(まあ記事になってるから良いんですが)副作用が強く出てしまった場合のことを想像すると、ちょっと悲しくなります。←追記:悲しくなりました。
なので、献血した時みたいに「血液検査にもなる」とか「お菓子もらえる」とか、ちょっとしたインセンティブがあればいいのになぁとか思う。

今のところは以上です。

他に接種した人や意見などある人、ぜひリプください。リスク判断や選択についてはもっと考えたい。