第一板『夜ノ討伐隊』(二〇二一)

第一板『夜ノ討伐隊』(二〇二一)
書いたひと: rusubam

2020年に始めた畑のことを書きはじめましたが、長らくサボっておりました。いや、サボっていたのではなく、2021年の畑シーズン真っ盛りで更新どころではなかった、ということにしておきます。ということで、2021年のリアルタイムに近いものとして書きつつ、ネタが無いときは2020年を振り返ったりしたいと思いますm(_ _)m

2年目に入り、さあ今年もと夏野菜を植え始めたころ、手強い敵が現れました。
ナメクジです。
苗を育てようと種をまいたカボチャの芽は食べられ、きゅうりの芽も食べられ・・・妻氏がビールのアテに楽しみに植えた枝豆の芽は大好物のようで、片っ端から食べられます。。

夜行性のナメ達を退治するためには、夜しか無い。枝豆をなんとしても守りたい妻氏も本気です。ナメクジといえば、塩だ!ということで、ヘッドライトをつけ、いざ夜の畑へ。
塩を入れた缶の中に、割り箸で片っ端から見つけたナメクジを投入します。
1本の苗に何匹ものナメクジがたかったりしており、事態はかなり深刻でした。

それでも、おつまみのために、いや、野菜のために夜な夜なナメ討伐を行いました。しかし、あまりにもナメの数が多く、その時見つけたすべてを塩づけにしても、朝には、消失してしまっている芽もある状態です。

結果としては5日目にしてギブアップ、これでは野菜たちを守りきれないと悟りました。

つづく

エッセイカテゴリの最新記事