コミュニケーション

〈顔はみえないが名まえはわかる他者〉とのコミュニケーション 発見の手帳 (1)

教室での対面授業では、まわりの受講者はおおくの場合〈顔はみえるが名まえはしらない他者〉だった。けれどもZoom授業では、かれらは〈顔はみえないが名まえはわかる他者〉なのである。わたしはなんの疑問も違和感もなしにこのことをうけいれていた。対面からオンラインにかわったとき、重大な質的転換であったはずのこのことを、抵抗なしにうけいれたのだった。