形式・文字数一切不問!文章のみで唸らせろ!第一回千万遍石垣かつおコンテスト開催中!!

つばくら

  • 2021.02.14

現実化する学生への言論統制 ―京都新聞コラムから―

京都新聞に、学生へのインタビューを申し込んだ際の大学側の驚くべき回答についてのコラムが掲載された。(『京都新聞』「記者コラム虫めがね 学生の声の『加工』」2021年2月13日付朝刊、8面) 要旨は以下の通りである。 京都新聞は、大学のコロナ禍における現状を取材するために、某大学に取材を申し込んだ。その際に、大学側と学生の双方に話を聞こうと考え、学生にも話を聞きたいと話したところ、その大学の担当者は […]

  • 2021.02.09

「共同創作『手』」なる記事について

最近、このサイトに「共同創作」なる異様な記事が投稿された。妙に仰々しいタイトルであり、カテゴリーも「芸術」となっていて、もう少しどうにかならなかったのかと思うのだが、参加者の一人としてマシなタイトルを思いつけなかったのだから、僕にも責任がある。 共同創作「手」 ところで、この「共同創作」(なんだか恥ずかしいから、以後記事と称する)は、4人の人々がこの絵を見て解釈したところを「物語」(なんだか大げさ […]

  • 2020.08.19

僕のタテカン

重要だから何度でもいうが、このメディアのコンセプトはタテカンである。これはタテカンのような自由な表現の媒体を目指すという意味だ。 ところが、このコンセプトを文字通り受け取った2ヶ月前の愚かな僕は、文字通りタテカンのような記事を書かなくてはと思って、この記事を書いた。ボツにするのももったいないから、そっと投稿する。 *** タテカンにも様々な種類があるが、その多くはサークルを宣伝するものである。それ […]

  • 2020.07.07

僕とタテカンと「千万遍石垣」

このサイトはタテカンをコンセプトにした web メディアであるそうだ。 「であるそうだ」などというと、他人事のようであるが、僕はこのサイトをゼロから立ち上げたメンバーではない。彼らのおかげで、ドメイン名や IP アドレスといった初歩的な知識すら怪しい僕もネットの海に拙文を垂れ流すことができる。 最初の投稿であるから、そのコンセプトが依拠する、タテカンについて僕なりの考えや思いを述べてみたい。もう語 […]