形式・文字数一切不問!文章のみで唸らせろ!第一回千万遍石垣かつおコンテスト開催中!!

ブヤコフ=マクシモヴィッチ

  • 2021.04.01

ブヤコフ=マクシモヴィッチの機関紙       クマウダ第3号 ~USJ編~3/3

最初から読みたい人はこちら↓クマウダ第3号 ~USJ編~1/3クマウダ第3号 ~USJ編~2/3 <第4章 カイヨワの4類型> 読者の皆さんはロジェ・カイヨワ(Roger Caillois,1913~1978)というフランス出身の社会学者をご存知だろうか?彼は主著『遊びと人間』(1958)で、人類の遊びを大きく4つの類型に分類した。 彼は遊びを「意志↔脱意志」、「ルール↔脱ルール」の2軸で捉え、4 […]

  • 2021.03.19

ブヤコフ=マクシモヴィッチの機関紙       クマウダ第3号 ~USJ編~2/3

最初から読みたい人はこちら↓ クマウダ第3号 ~USJ編~1/3 <第2章 命の値段の話> 満を持して、USJ内に突入。 USJの外にいる時点で既に感じていたことが、USJの中ではより凝縮された。 店やアトラクションの前を通り過ぎる度に、スタッフはにこやかな笑顔を作って両手で手を振ってくる。彼らは仕事でやっているのだ、と重々承知していても思わずはにかんでしまう。普段、人からこんな風に手を振ってもら […]

  • 2021.03.16

ブヤコフ=マクシモヴィッチの機関紙       クマウダ第3号 ~USJ編~1/3

2020年3月某日 タヴァーリシチ諸君、ドーブルイ・デェニ。 クマウダ第2号東国編がプロレタリアート、及び学生から支持を得ることができ、私は嬉しく思っている。読者は私に共産趣味道を邁進する気力を起こさせてくれる存在であるため、この記事を読んだ人は全員強制的にタヴァーリシチ、すなわち同志となる。 近況としてこの記事の読者にお伝えしたいのだが、私は現在、2人の同志と共に亀岡市内にダーチャを作成しており […]

共産趣味者ブヤコフ=マクシモヴィッチの機関紙 「クマウダ」第2号      ~東国編~ 4/4

この記事は、Kumano dorm. #2 Advent Calendar 2020の18日目の記事です。 最初から読みたい人はこちら「クマウダ」第2号 ~東国編~1/4「クマウダ」第2号 ~東国編~2/4「クマウダ」第2号 ~東国編~3/4 <「東」の地のシェアハウスにて起きたこと> 2020年3月下旬、熊野寮を退寮した私は、東京都江「東」区の某シェアハウスに入居した。そこには私を含め、9人の住 […]

共産趣味者ブヤコフ=マクシモヴィッチの機関紙 「クマウダ」第2号      ~東国編~ 3/4

この記事は、Kumano dorm. #2 Advent Calendar 2020の18日目の記事です。 最初から読みたい人はこちら「クマウダ」第2号 ~東国編~1/4「クマウダ」第2号 ~東国編~2/4 <「東」の地の職場にて起きたこと(後篇)> コロナによる在宅勤務期間が明け、6月から再び会社に出社するようになった。再出社初日、私はある案件に取り掛かるよう命じられた。日本より遥か「東」の某国 […]

共産趣味者ブヤコフ=マクシモヴィッチの機関紙 「クマウダ」第2号      ~東国編~ 2/4 

この記事は、Kumano dorm. #2 Advent Calendar 2020の18日目の記事です。 最初から読みたい人はこちら「クマウダ」第2号 ~東国編~1/4 <「東」の地の職場にて起きたこと(前篇)> 2020年4月1日、私は着慣れぬスーツを着て、都心のオフィスに初出社した。 オフィスに行くのはほぼ2年ぶりであった。なぜ2年前なのか、というのはもっともな疑問であるが、理由は単純だ。予 […]

共産趣味者ブヤコフ=マクシモヴィッチの機関紙 「クマウダ」第2号      ~東国編~ 1/4 

この記事は、Kumano dorm. #2 Advent Calendar 2020の18日目の記事です。 2020年12月18日 あけましておめでとう!と言いたいところだが、共産的真実により今日は当初の予定寄稿日、2020年12月18日である。こいつは気が狂っているのではないか、と思った読者は昨年のアドベントカレンダーに私が寄稿した文章、クマウダ創始号を参照されたし↓。 きっと今日が12月18日 […]