形式・文字数一切不問!文章のみで唸らせろ!第一回千万遍石垣かつおコンテスト開催中!!

熊野寮

熊野寮には変な人が多い?

以前Tくん(寮生ではない)からこんな質問をされた。 「熊野寮生って変な人が多いですよね?」 定義の共有 「内輪ことばと定義の曖昧なことば」 ゆるふわ公開日記 その5でも少しだけ述べたが、Tくんと私の間で「変な人」の示す対象が何なのかの意思一致がなされていなかったため、とりあえず定義の共有を試みる必要があった。 とりあえずTくんに「変な人」の定義はなんだと問い返すと、「おもしろい人」との返答が返って […]

「熊野寮と社会の評価軸の違い」 ゆるふわ公開日記 その2 

私は熊野寮に住んでいる。一般的な日本の社会ではおそらく輝けないであろう人材がどうも熊野寮では大活躍をしている姿をよく見かける。一般的な日本の社会と熊野寮では評価軸が違うのではないかと考えられる。 一般的な日本の社会では、身だしなみに気を使い、時間をきっちり守り上下関係をしっかり弁えている人間が評価される傾向にある。 しかしながら熊野寮ではドレスコードは「服を着ている」だし、大体のイベントは30分以 […]

熊野寮祭企画『エクストリーム帰寮』について

Kumano dorm. Advent Calendar 2020 8日目の記事です.ほかにも面白い記事がたくさんあるからきみも読もう.感想はハッシュタグ#kmnac2020まで. 1. エクストリーム帰寮とは エクストリーム帰寮とは,毎年11月末~12月頭にかけて京都大学熊野寮で行われる熊野寮祭の企画のひとつで,車でどこかに拉致されてそこからマップを見ずに歩いて寮まで帰ってくるという極めて単純明 […]

熊野寮での徹底討論について

私が熊野寮に入寮してから約8年。高校生として「自由の学風」の神髄にふれてから早13年ほどがたった。これは私の人生のおよそ41%に相当する。その間私個人もティーンのクソガキ(失礼!)からアラサー博士研究員へと成長(?)し、京大内外の情勢も大きく変わった。昨日誕生日を迎えラスト・トゥエンティーを迎えるにあたって。この界隈、特にお世話になった熊野寮について、覚書を残そうとしてみた。  そうはいってもいざ […]

時計台、占拠しました。

即撤去されるタテカン、豆腐を配っただけで弾圧。古くから京大にいるみなさんは年々できることが少なくなっているように感じているかもしれない。新入生のみなさんは「京大全然自由じゃないやん」って思っているかもしれない。当局(当局=大学の運営の意思決定を行う理事会や大学執行部のこと)は規則、警告、自粛要請を繰り出し、処分をちらつかせ、責任主体である学生を大人しい消費者に作り変えようとしている。みなさんも当局 […]

なぜ京大熊野寮は時計台に登ったのか【高校生でもわかる】

こんにちは。とある熊野寮生です。本日、我々京都大学熊野寮は熊野寮祭の企画の一環として2年ぶりに時計台占拠を行いました。寮内でも賛否両論の議論が巻き起こったのですが、なぜ私たちはリスクを冒してまで時計台に登ることを決断したのでしょうか。 私たちが時計台に登った大きい理由は大学に「対話」を求めるためです。対話とはなんでしょうか。なぜ対話は重要なのでしょうか。詳しく解説した熊野寮自治会の声明文はこちらか […]